長崎県音楽連盟

WEB版ろんど。長崎の音楽情報をどうぞ
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

「その笑顔に救われる」

「その笑顔に救われる」ってありますね。 何年ぶりかに偶然お会いしたシスタ―のかわらない微笑みがそれでした。 同じ長崎にいながら、用事でその修道院に行かない限り会うことのない方、 そしてお年や日頃の生活も知らない・・・思えばシスタ―の何も知らないですが、 その破顔一笑は格別のあたたかさがあります。 うまく言えませんが、それは「純粋な笑顔」と言えばいいのか・・・。 相手に幼少の頃の笑顔を思い出させると言いましょうか。 「まあ、お久しぶり」で、長話するでもなく・・・もうそれでいい、 また会えて良かったですねと思う気持が確かに伝わり、 受けとめられることが有り難い。 用事がないと行くことのない、その修道院。 そこで、あのシスタ―に会えた時、私は心に沁みる笑顔のプレゼントを頂く。 長崎県オペラ協会 松本佳代子

JUGEMテーマ:音楽

連盟公式ブログ | permalink | comments(0) | -

芸術の秋

長崎は くんち が終わると衣変えとなります。今年も、やはり、そうなりました。 芸術の秋でもありオペラ協会の面々も色んな場面で活躍しているようです。魔笛も来春に向けて練習序盤というところです。学生時代の第2外国語はドイツ語を選択しましたがもっと真面目に学ぶべきでした! さて、Dameを演じる3人は素晴らしいハーモニーを奏でています。この先輩たちの姿に敬意を払いながらきっとステキなPaminaが仕上がっていくものと今から楽しみです! またまた話は変わりますが人口減少とともに長崎は厳しい状況になっていきます。頼むは観光そしてインバウンドにあるとの声が大きくなっています。音楽に携わる人々が手をつないで協力し合い「長崎のため」に活動出来たら凄いことが起きそうです。 旅人の声「今回、長崎に行って出島でぼーっとしていたら蝶々夫人が聞こえてきたんだ、、長崎では毎晩どこかでオペラの一節が歌われているらしい.旅の思い出として最高だったよ!」ステキな長崎がんばって!!!

JUGEMテーマ:音楽

連盟公式ブログ | permalink | comments(0) | -

このごろ一気に…

このごろ一気に… 液晶表示がおかしくなったエアコンのリモコン 締めきってもポタポタ水が垂れる洗面所の蛇口 支え続けないと戻ってしまうトイレの水流レバー 斜め35度で止まる炊飯器のフタ じゃがいもに負けて刃が抜け落ちてしまうピーラー 炒め物がさわやかに出来なくなったフッ素加工のフライパン 微妙に隙間が空いている木製の玄関ドア 小鳥がさえずるように鳴く洗濯機 電源を切っても液晶がチラチラと点滅するIHクッキングヒーター 明かりが点かない真っ暗な冷蔵庫 最近のうちはこんな調子。 私はこうならないように。 長崎県オペラ協会 篠 暁子
連盟公式ブログ | permalink | comments(0) | -

『おくんち・あまざけ』

『おくんち・あまざけ』 10月に突入しました‼︎ 色々な本番が近づきつつ…しかしながら生粋の長崎人としては、おくんちを見なければ10月になった気がしないので、今年もどうにかしてどの日かに大波止あたりに出没しよう…と密かな野望を抱いている今日この頃です(^^;) 私は4人きょうだい(姉1、兄2)の末っ子で育ちましたが、おくんちの時期になると必ず母が作ってくれる『あまざけ』が恋しくなります。 あまざけ…と言っても、お酒?お粥?と言うくらいの、飲み物ならずのほとんど食べ物‼︎ 甘酒のこうじを深い瓶に入れて、毛布にくるんで暗い所で24時間ねかせて… 子供の頃からの我が家の恒例行事でした。 姉と兄1はこれ、そんなに大好きって程ではなかったようですが、私と兄2は本当に大好きで‼︎‼︎ 朝ご飯代わりでもOK!おやつにでもOK!母の作るあまざけ大好きでした♡ 今年も、たぶん…私が『あまざけ食べたいなぁ』(←私にとっては食べ物なので)と言えば、きっと明日にでも毛布にくるまった大きな瓶がお目見えするはず! …でも、母も大変かなぁ〜とか、ちょっとだけ躊躇してしまうので、今年はまだ言えていません(涙) 未成年者のアルコールはNGですが、神社などでふるまわれる御神酒は何となく許されてる感じがありますよね。 先日、お願い事をするために神社に行き、その御神酒のあまりの飲みっぷりの良さに『やっぱりかぁ〜』とちょっと再認識しました我が家の次女(>_<)16歳 この子がおばあちゃんに…あまざけ食べたいなぁ〜〜なんて言ってみたりなんかしちゃったら…⁇ もう今夜にでも母の仕込み作業が開始されるのではないかと思いますっ笑 やっぱり今日、親子で言ってみようかなぁ〜〜 『お母さんのあまざけ食べたいなぁ(^^)(^^)』 長崎県オペラ協会 ソプラノ 富永宏美
連盟公式ブログ | permalink | comments(0) | -

藝事の神様

藝事の神様 先日、三重県伊勢市を訪れる機会がありました。 伊勢といえば、伊勢神宮ですよね。 4年前にも一度参拝したことがあるのですが、霊験あらたかで、心が素になって 穏やかになるのを感じました。 その時 伊勢神宮外宮から内宮に移動する際、途中に「猿田彦神社」を見つけました。夫と「アッ!さるたひこってあったよ」「そうだね!」・・・ なぜ「さるたひこ」に反応したかというと、オペラ「蝶々夫人」の中でスズキが「サルタヒコノオオカミ〜」と歌うからです。その時はそのままスルーしましたが「猿田彦神社」は強く印象に残っていました。今回も参拝する予定はなかったのですが、偶然 三重の方から「猿田彦神社は藝事の神様をお祀りしてあるんですよ」と教えていただき、これは行かねば!!と参拝してきた次第です。 外宮参拝の後、猿田彦神社前でバスを下車。苦しい時のナントカ頼みでしょうか。普段はお守りには見向きもしないのに「藝能おまもり」をいただいてきました。今 我が家のピアノの上におかざりしています。ご利益あるかしら? 台風18号に翻弄させられたあの連休中の旅でしたが、参拝の朝には台風も通り過ぎ、抜けるような青い空に白い雲、深い深い緑に囲まれ、大きな幸せと癒しを与えていただきました。  長崎県オペラ協会 高木みどり
連盟公式ブログ | permalink | comments(0) | -

「机 ヨロコブ」

「机 ヨロコブ」 やっぱり、処分しないで私が使おう、、、 つい先日、自宅にて。 大きくてかなり重いので前日まで処分することに決めていた机がありました。 兄が小学生になる時に、父が職人さんに頼んで作ってもらった机。子どもには少し大きすぎるサイズですが、きっと大人になってもずっと使えるようにとの父親の願いを込めてのものだったのでしょう。それから月日が経ち、場所を取るからと部屋の片隅に置かれ、もう長いこと荷物置きの棚同然になっていた机でした。 荷物を片付けて明るい場所に移された机は、長い冬眠から覚めたように、窓越しに燦々と陽の光を浴びて、これからまた机の役目が果たせることを喜んでいるみたいでした。 亡き父は、早朝からこの机で静かに本を読んだり手紙を書いたりしていました。 これからは、私がこの机と仲良しになろう〜 心のなかで、にっこり呟きました。 長崎県オペラ協会 山浦直子
連盟公式ブログ | permalink | comments(0) | -

祈り

祈り 「今年の夏は異常に暑かねー」と毎年言っている気がしますが、 今年も、異常な暑さと異常な天候で各地で天災が続いていますね。 どうか、これ以上の災害がおこりませんようにと、祈るばかりです。 そして、今年も原爆記念日がもうすぐです。 少し前のニュースで広島は8月6日の登校日制度をなくすとありました。 市職員の休日条例適用とのこと、子ども達は自宅テレビで平和記念式典を観て平和学習を促すと言われてましたが、個人的には非常に残念だなと思わずにはいられません。 だけど、どのような形であれ、全ては子ども達の未来が平和でありますようにとの強い思いで過ごす事が大事なのかなと思っています。 今年も平和の灯コンサート、祈りを込めて歌ってきたいと思います。 長崎県オペラ協会 出口綾佳
連盟公式ブログ | permalink | comments(0) | -

校内球技大会

連休明けの今日は、私の勤務校の校内球技大会。 今日はバレーボール、明日はバスケットボール! これをもって夏休みに突入するので、全高校生あげて燃える。 なんと言っても一番盛り上がるのは、優勝チ−ムと若い職員チ−ムの試合。 本日の高3優勝クラス対、先生チ−ムは、あつき?バレーボールの闘いを繰り広げていた。 先生チ−ムは若い男性職員が4名とネイティブの美しい(そのグリーンの瞳には私もいちころ)女教諭1名、あまり若くない体育教諭1名。 現役クラブ生含むクラスチ−ムに歯が立たないやろ、と思う私は甘かった。 今年新卒で中学バレー副顧問が、すんごいスパイクきめてくる! そこは、MC役(実況中継)の3年生、マイク片手に「大人げない〜♪」とはやす。 そこに、オリンピック内村選手の妹の内村先生が交代でコ−トに入ると、また、別な意味で盛り上がる。 《かわいい〜》とかいった黄色い声。 男性職員がヘマでもすると《やらかした〜》とばかりにまた、はやす。 それが絶妙のMCで、場をhighにこそすれ、不快にさせない。 男性職員も外れにはずれたオ―バ−ボ−ルを足でキックしてコ−トにもどしたり、おどけたりと、生徒たちへのサ−ビスにぬかりない。 コ−ト3面設営して行う試合も、このときの先生たちの最終試合は、1面だけとなり、ギャラリー含め全校で歓声あげ、その一面に釘付けになりながら試合を楽しむ。 バスケットボール試合の明日も、この最終試合は、密かに体育館ステ−ジ端のピアノ椅子を陣取って汗だくになりながら楽しむつもりだ。 松本佳代子
連盟公式ブログ | permalink | comments(0) | -
ARCHIVES
PROFILE