長崎県音楽連盟

WEB版ろんど。長崎の音楽情報をどうぞ
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

「教訓?」

「教訓?」

環境の変化があったり、そうでなかったりと時間はあっというまです。
仕事をしながら納得すること、納得できないこと、いろいろとあります。
自分の力でどうにかできること、足りないこと、ましてやできないことの方が多く感じると思います。
恥ずかしい思いや、悔しかったりすることもあるかもしれません。
けれどそれを経験すること。
苦労も努力もたくさん経験すること。
そして、成長したいのなら怒られること、停滞や後退したくないなら怒られなさい。

そう言って大学卒業前にお話ししてくださった方がいました。
あの頃はいまいちピン!ときておらずどこか他人事のように聞いていました。
私自身が働く環境を変えて一年になりこの言葉よく思い出すこのごろです。

長崎県オペラ協会 天本崇子

連盟公式ブログ | permalink | comments(0) | -

春の匂い

「長崎県新人演奏会オーディション」の声楽審査のため、とぎつカナリーホールに赴いた先日の3/15

そこで久々に永吉美恵子先生と佐藤寿子先生にお会いした。

久々というのも、おふたり同時にお会いするのは、「かれこれ25年以上前」という事なのだ。
どちらかお一人と偶然お会いすることはあっても。

その「かれこれ〜」とはオペラ協会がはじめてオペラ「ヘンゼルとグレーテル」に着手した年に遡る。
お二人同時にお会いしたからか、あの年の遠い日々が思い出された。

母親ゲルトルート役の永吉先生、組違いのヘンゼル役の佐藤先生、そこに音楽監督の故柴田先生が静かに座っておられ、今は亡き小手川先生や白川先生が指導にいらした。
その稽古場でひよっ子の私は緊張の連続であった。

グレーテルをやるのに、とても行き詰まって佐藤先生には送って頂いた車の中で、そして永吉先生には呼んで下さったマンションで「このまま続ける自信がない」胸のうちをお話したのを鮮烈に覚えている。
佐藤先生の車が本原から下り坂になり、石神付近にさしかかった所で、悩みを申した、その場所まで覚えている。

お二人には本当にお世話になり、守って貰い、指導頂き、公演へと導いて頂いた。

現在のオペラ協会定番のオペラ。抜粋編で何十回越す公演数の「ヘンゼルとグレーテル」の第一回目全幕公演のことである。長崎初演で大成功であった。

その公演を見られた、当時の松下校長から、現職場の教諭として打診があったのは、それから何ヵ月後。

「新人演奏会」の審査をして、評価を出すまでは、与えられた仕事に集中していたが、終わってカナリーホールの坂を下って行くうち、懐かしく思い出されてならなかった。

夜風はまだ冷たいものの、春の匂いを十分に含んだ木々の傍らを歩きながら。

長崎県オペラ協会
松本佳代子

連盟公式ブログ | permalink | comments(0) | -

涙をこえて

涙をこえて

 

3月12日(日)

お陰様で、長崎県オペラ協会第38回定期演奏会

「イタリアオペラの原点vol.3」が終わりました。

たくさんのお客様に御来場いただき、その上、温かい拍手まで送ってくださいましたこと、

心より、感謝し、御礼申し上げます。

私たちの活動は、聴きに来て下さるお客様あってのものです。

少しでもたくさんの方々にオペラの世界を知っていただき、

音楽を生涯にわたって愛してくださる方が増えること、

そのことが一番の喜びとなります。

 

さて、今回の演目、

初めてオペラを見に来てくれた同僚がこう言いました。

「『オペラ』って悲しい物語ばかりですか?」

「いえいえ、決してそうではありませんが、確かに悲劇が多いですね」

プッチーニのオペラ全てが悲劇ではありませんが、

今回のオペラは、必ず主役または主役級の方がお亡くなりになられています(^_^;)

 

私たちも練習中にこれらの悲しいストーリーに何度涙したことか・・・。

私は蝶々夫人のスズキをやらせていただきましたが、

もう最初っからずっと泣きっぱなしです。

 

こんな事がありました。

修道女アンジェリカの最後の方のシーンで、

マエストロが動きを付けて下さっていました。

「この間奏は、一緒に過ごすことができなかった子どもが

天国から降りてきてアンジェリカと共に遊んでいるんだ」

合唱の一員として後ろに並んで見ていた私は

そのマエストロの言葉にグッと来て思わず涙してしまいました。

「いやいや、ここは泣いてはいけない」と一生懸命我慢しながら、

横にいる協会員をみたら、みんなも泣いていました。

そのことが何だかおかしいやら嬉しいやらでした。

 

このように何度も何度も役になりきりながら泣いて、また泣いて、

その涙を乗りこえて、ようやく私たちは今回の舞台に立っていました。

聴きに来て下さったお客様の心に、どれだけ響く演奏ができたかわかりませんが、

少しでも私たちのそのような思いが伝わっていれば幸いです。

 

長崎県オペラ協会

山口 明美

連盟公式ブログ | permalink | comments(0) | -

心に潤いを

心に潤いを

桃の花のつぼみがふっくら膨らんできた今日この頃
皆さまいかがお過ごしでしょうか?
年度末で慌ただしく、時間に追われて過ごしてるのは私だけではないと思います。
そんな忙しい時間の合間にどうでしょう、プッチーニのオペラ鑑賞をして心が笑顔になるような時間をお過ごしになりませんか?
心に潤いと栄養補給を、そして感動していただけるような舞台となるようオペラ協会の会員一同、一生懸命お稽古に励んでいます。

イタリアオペラの原点〜vol.3 プッチーニ作品への招待
3月12日() 長崎市民会館文化ホール
開場 13:30 開演 14:00



お一人でも多くの方に足をお運び頂けたら幸いです。

長崎県オペラ協会 出口綾佳

連盟公式ブログ | permalink | comments(0) | -

変わらないもの

変わらないもの 寒い日もあれば暖かい日もある、2月の半ばを過ぎ、春の訪れを感じる季節となりました。 4年間お世話になった公立小学校のコーラス部では、間も無く卒業を迎える6年生との最後の発表会に向けて、練習真っ只中です。 先月行われたアンサンブルフェスティバルでは、6年生9人が山崎朋子さん作曲の「変わらないもの」を歌いました。 大切な友達、仲間との想い出、絆を、美しいコーラスで歌い上げ、たくさんの想いが伝わる演奏に、心から感動しました。 私はこの4年間でコーラス部のみんなに出会えて、豊かで幸せな音楽の時間を過ごす事ができました。 *** 君と出会った幸せを かみしめながら 歩いていこう 1年先も 10年先も これからも ずっと *** 私もこの歌詞のように、これからも出会いを大切に、音楽の道を通して、かけがえのない宝物を増やしていきたいです。 長崎県オペラ協会 下峰 優依
連盟公式ブログ | permalink | comments(0) | -

歌は下手だけど歌が好き

歌は下手だけど歌が好き

 歌はへたくそです。でも、歌が大好きです。
 さて、大きな声で音痴な歌を歌っている人を思い出すとき頭に浮かぶのは、ドラえ
もんのジャイアンですね。音程はメチャクチャで、リズムはそこそこに大声で怒鳴り
まくっているのですが本人は気持ちよく、周りは耳を押さえているのです。歌が大好
きです。でも、歌はへたくそです。
 歌は楽しいです。気持ちがすかっとします。歌は優しいです。心が美しくなります。
歌は不思議です。なぜか嬉しくなります。歌は友達です。自分の気持ちに応えてくれ
ます。歌は愛です。ラブソングを歌います。歌はいのちです。私の生活そのものです。
でも、歌はへたくそです。それでも、歌は大好きです。
 歌は人格そのものだという話があります。もしそれが本当であれば、歌を磨き上げ
ることで人格も磨き上げられるのではないでしょうか?歌を否定されたとしたら、その
人の人格を否定されたことと同様です。深く傷つき悲しむのです。
歌を歌えない人、歌が嫌いな人の心には、かつて染み付いた辛い言葉があるようです。
それはとても悲しい気持ちになります。
 そんなことを考える時にジャイアンは素晴らしいと思うのです。強い人格の持ち主
であると思うのです。誰が笑おうと、耳を塞ごうと、私は私、堂々と逞しく。
 歌はへたくそです。でも、歌が大好きです。

 長崎県オペラ協会  高木浩行

連盟公式ブログ | permalink | comments(0) | -

ブリックラウンジコンサート御礼

ブリックラウンジコンサート御礼

 

新年を迎えてあっという間に2月に入りました。

インフルエンザと風邪の恐怖に怯えながら、春はまだかなまだかなと待ち遠しく思っています。

 

先日1/17(火)ブリックラウンジコンサート無事に終演いたしました。

 

 ラウンジコンサートでは色んなジャンル、グループの方が20分ずつ演奏され、

入場も無料であったかーい雰囲気で皆さんの良いとこ取りといった感じです!

私達オペラ協会は3/12(日)の定期演奏会の宣伝をさせていただき、

演目の中から数曲演奏させていただきました。

プッチーニのオペラはとっても甘くて艶のある音楽で、

ヨーロッパの音楽なのになぜか日本人の心があるような感じがします!

3/12の定期演奏会もプッチーニの良いとこ取りです。

 

全幕みるのは大変だけどっていう方のためにも

ちょっとずつつまんで色んな演目をお楽しみいただけます。


是非お越しください。

 

    長崎県オペラ協会 木村友美

連盟公式ブログ | permalink | comments(0) | -

今年は「酉年」

新年おめでとうございます

 

2017年が始まりました。長崎は穏やかな年明けとなりましたね。

今年は「酉年」。なかなか縁起の良い一年になりそうです!

 

「酉」といえば、本日(11日)付けの読売新聞に、

「ニワトリ」についての面白い記事が載っていました。

弥生時代のニワトリの骨を調べてみると、その大半がオスだったそうです。

研究者は、当時の有力者がオスだけの甲高い鳴き方や美しい姿かたちを愛でるため、

そして中国との特別な繋がりを示すために「個体輸入」したのではないか、

と考えているそうです。

 

馴染みのあるニワトリですが、古代では珍しい輸入品だったのかも!

折角の酉年ですから「美しい鳴き声や姿かたち」になれるように…

がんばってみようかな…

 

さて、三月に定期演奏会を控え、稽古もいよいよ仕上げの段階ですが、

まずは『ブリックラウンジコンサート』へお越しになりませんか?

 

平成29年1月17日(火)19時〜

♪長崎県オペラ協会は20時40分頃からの出演になります。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

長崎県オペラ協会 篠 暁子

連盟公式ブログ | permalink | comments(0) | -

長崎県オペラ協会 第38回定期演奏会ご案内

長崎県オペラ協会 第38回定期演奏会ご案内

 

あと少しで 今年も終わろうとしています。

年々、時間の経つのがなんと早いこと!

 

オペラ協会は今年も沢山の機会を頂きました。お世話になりました皆様方、足をお運び下さいましたお客様方、ありがとうございました。心より感謝申し上げます。

 

年の終わりに、来年の演奏会のご案内です。

 

◆長崎県オペラ協会 第38回定期演奏会◆

 

〜プッチーニ作品への招待〜

 

日時:2017年3月12日(日) 13:30開場・14:00開演

会場:長崎市民会館文化ホール

演目:オペラ「修道女アンジェリカ」(全幕)

       「ラ・ボエーム」(抜粋)

「トスカ」(抜粋)

「妖精ヴィッリ」(抜粋)

「蝶々夫人」(抜粋)

 

2013年・2014年に公演し、好評を頂きました「イタリアオペラの原点」の第三弾となります。

どうぞご来場下さい。

 

来年も皆様方にとりまして、良き年となりますよう お祈り申し上げます。

 

長崎県オペラ協会 高木みどり

 

 

連盟公式ブログ | permalink | comments(0) | -

「蝶々さんに逢える丘」

「蝶々さんに逢える丘」

 

   長崎の港を見下ろす丘〜グラバー園に、世界の歌声を聴きたくて、こんなにたくさんの人々が胸ときめかせて上ってきました。


 

11月26日の午後「第5回マダム・バタフライ国際コンクールin長崎」の入賞者記念演奏会がグラバー園にて行われました。

 限られた場所にしか椅子を並べることができなかったので座席数が少なく、立ち見となったご高齢の方は垣根の木の枝をしっかりと握りしめて身体を支えていました。それでもうっとりと幸せそうに演奏に聴き入っている姿が、心に熱く映りました。

「長崎で音楽、オペラをやることに意味があるのです。それは、音楽は平和でないとできないからです。」
コンクールの審査委員長の栗林義信先生のお言葉です。

歌声を聴きながら、私はこんなに素晴らしい街に住んで生きて、幸せだと改めて感じました。

オペラ「マダムバタフライ」〜「蝶々夫人」の舞台となった長崎、オペラの世界では聖地・長崎。これからも、この地から発信できることをみんなで力を合わせてやっていきたいと思います。

長崎県オペラ協会
山浦直子

連盟公式ブログ | permalink | comments(0) | -
ARCHIVES
PROFILE