長崎県音楽連盟

WEB版ろんど。長崎の音楽情報をどうぞ
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

「その笑顔に救われる」

「その笑顔に救われる」ってありますね。 何年ぶりかに偶然お会いしたシスタ―のかわらない微笑みがそれでした。 同じ長崎にいながら、用事でその修道院に行かない限り会うことのない方、 そしてお年や日頃の生活も知らない・・・思えばシスタ―の何も知らないですが、 その破顔一笑は格別のあたたかさがあります。 うまく言えませんが、それは「純粋な笑顔」と言えばいいのか・・・。 相手に幼少の頃の笑顔を思い出させると言いましょうか。 「まあ、お久しぶり」で、長話するでもなく・・・もうそれでいい、 また会えて良かったですねと思う気持が確かに伝わり、 受けとめられることが有り難い。 用事がないと行くことのない、その修道院。 そこで、あのシスタ―に会えた時、私は心に沁みる笑顔のプレゼントを頂く。 長崎県オペラ協会 松本佳代子

JUGEMテーマ:音楽

連盟公式ブログ | permalink | comments(0) | -

このごろ一気に…

このごろ一気に… 液晶表示がおかしくなったエアコンのリモコン 締めきってもポタポタ水が垂れる洗面所の蛇口 支え続けないと戻ってしまうトイレの水流レバー 斜め35度で止まる炊飯器のフタ じゃがいもに負けて刃が抜け落ちてしまうピーラー 炒め物がさわやかに出来なくなったフッ素加工のフライパン 微妙に隙間が空いている木製の玄関ドア 小鳥がさえずるように鳴く洗濯機 電源を切っても液晶がチラチラと点滅するIHクッキングヒーター 明かりが点かない真っ暗な冷蔵庫 最近のうちはこんな調子。 私はこうならないように。 長崎県オペラ協会 篠 暁子
連盟公式ブログ | permalink | comments(0) | -

『おくんち・あまざけ』

『おくんち・あまざけ』 10月に突入しました‼︎ 色々な本番が近づきつつ…しかしながら生粋の長崎人としては、おくんちを見なければ10月になった気がしないので、今年もどうにかしてどの日かに大波止あたりに出没しよう…と密かな野望を抱いている今日この頃です(^^;) 私は4人きょうだい(姉1、兄2)の末っ子で育ちましたが、おくんちの時期になると必ず母が作ってくれる『あまざけ』が恋しくなります。 あまざけ…と言っても、お酒?お粥?と言うくらいの、飲み物ならずのほとんど食べ物‼︎ 甘酒のこうじを深い瓶に入れて、毛布にくるんで暗い所で24時間ねかせて… 子供の頃からの我が家の恒例行事でした。 姉と兄1はこれ、そんなに大好きって程ではなかったようですが、私と兄2は本当に大好きで‼︎‼︎ 朝ご飯代わりでもOK!おやつにでもOK!母の作るあまざけ大好きでした♡ 今年も、たぶん…私が『あまざけ食べたいなぁ』(←私にとっては食べ物なので)と言えば、きっと明日にでも毛布にくるまった大きな瓶がお目見えするはず! …でも、母も大変かなぁ〜とか、ちょっとだけ躊躇してしまうので、今年はまだ言えていません(涙) 未成年者のアルコールはNGですが、神社などでふるまわれる御神酒は何となく許されてる感じがありますよね。 先日、お願い事をするために神社に行き、その御神酒のあまりの飲みっぷりの良さに『やっぱりかぁ〜』とちょっと再認識しました我が家の次女(>_<)16歳 この子がおばあちゃんに…あまざけ食べたいなぁ〜〜なんて言ってみたりなんかしちゃったら…⁇ もう今夜にでも母の仕込み作業が開始されるのではないかと思いますっ笑 やっぱり今日、親子で言ってみようかなぁ〜〜 『お母さんのあまざけ食べたいなぁ(^^)(^^)』 長崎県オペラ協会 ソプラノ 富永宏美
連盟公式ブログ | permalink | comments(0) | -

「星に願いを」

「星に願いを」 蝉も鳴き始め、いよいよ暑い夏がやって来そうです。 そんな中、長崎県オペラ協会は定期公演に向けて本格的な稽古が始まりました。 今回は蝶々夫人と魔笛の抜粋版2本立てとなります。 長崎県オペラ協会はこれまでイタリアオペラをメインに公演をしておりましたし、蝶々夫人は「お家芸」とまでは言わないものの、やはりここ長崎を舞台にしているだけに思いは格別です。 それに加え、今回は天才モーツァルトが作曲した「魔笛」を、ドイツオペラに挑戦する事は会員にとってはいい経験になりますし、またいつも応援し、会場へ足を運んでくださるお客様にとっても新鮮に感じていただけると思います。 3月の公演まで蝶々夫人も魔笛もしっかり仕上げて、皆さまに喜んでいただける公演を目指して参ります。 さ、今日は七夕さまですね。 私は七夕に限らず、夜空を見上げ、月や星を見るのが好きです。 今年は何をお願いしましょう。 やはり、世界平和と皆が健康である事を今年もお願いしたいと思います。 星に願いを… 皆さんの願いが叶いますように。 長崎県オペラ協会 村岡恵理子
連盟公式ブログ | permalink | comments(0) | -

5月13日【昼下がりのコンサート】公演報告

5月13日【昼下がりのコンサート】公演報告 五月晴れの爽やかな午後、無事終了しました。  800名を超える入場者!用意した 900部のプログラムが足りないかと心配しましたが、いいところで収まりました。 最後の合同合唱は鈴木憲夫作詞作曲「めぐりあいの中に」 人は美しきひとときの為に巡りあうと 此のコンサート の メインテーマを熱唱しました! 8年前、全国シルバー合唱コンクールで最高賞を取った【アンナ.ボレーナ】侍女達の合唱 定年後の侍女達の演技も演奏も温かい拍手に包まれました! 定番の「おこんじょうるり」 入場料1000円という所で、普段オペラと縁遠い方々にも観て頂けて 「オペラって意外と分かりやすいのね」 と評判良かったです。 少しオペラファンが増えたら嬉しいです。      オペラ協会会員   今村啓子
連盟公式ブログ | permalink | comments(0) | -

「いのちの歌」

「いのちの歌」 “生きてゆくことの意味 問いかけるそのたびに 胸をよぎる 愛しい人々のあたたかさ“ (作詞: Miyabi、作曲: 村松崇継、編曲:前嶋康明) この「いのちの歌」をお好きな方は多いと思います。 私も大好きで、コンサートで歌わせていただくこともあります。 この5月連休中に、夫の母の米寿のお祝い会を盛大に開きました。88歳の母から3歳のひ孫まで、総勢23名が東京、奈良、岡山、福岡、対馬、諫早から温泉地に終結しました。 宴の最後に全員でこの「いのちの歌」をプレゼントしたのです。 “生まれてきたこと 育ててもらえたこと” は兄弟が   “出会ったこと” 婿と嫁    “笑ったこと” 孫とひ孫が     “そのすべてにありがとう この命にありがとう” 全員で 一人一人が、大好きな母に、ばぁばに、ひいばぁに、思いを込めて熱唱しました。 母が目頭を押さえたときは、グッときました。 クラシックでなくても いい歌はいいですね!! さて、 最後になりましたが、この度 長崎県オペラ協会の事務局長を退任いたしました。8年間の在任中はたくさんの方々にお世話になりました。ありがとうございました。 長崎県オペラ協会 高木みどり
連盟公式ブログ | permalink | comments(0) | -

『ボサノヴァ Bossa Nova』  

『ボサノヴァ Bossa Nova』         長崎県オペラ協会 原 さとみ  オフの朝に聴く音楽は、ボサノヴァが多い。とても心地よいサウンドで、疲れた心身をリセットできる。「Bossa Nova」はブラジルの音楽ジャンルの一つで、調べてみると、ポルトガル語で「新しい感覚」「新しい傾向」といった意味があるそうだ。  五月晴れの早朝、早速ウォークマンに、〈ジョアン ジルベルト〉のミックスリストを送り、久しぶりにジョギング・・・。いろんな人の営みに自然の移ろい。二度と会わないだろうと思う人との偶然的な会話。何気ないことに感動し涙が出てきそうになる。日頃何気なく見ている車窓からの風景が、呼吸し生き生きと私に迫ってくるのである。自分の知らないことの多さに愕然とする。いつの間にこの町並みの電線が地中化したのだろう、こんなに浦上川の満ち引きが速かったなんて・・・、川沿いに咲いている花はこの人たちがお世話をなさっていたんだ・・・。等々。まちを走り、歩くことによって、私の感性が日頃の何倍も豊かになったような気がする。そして何気ない小さな幸せを発見できたひとときであったような気がする。  まさに「新しい感覚!」である。「Bossa Nova」がくれた有意義なオフに感謝。このリセットが私の生きる歌の世界にはとても大切であると改めて思った。
連盟公式ブログ | permalink | comments(0) | -

GW

1年の中で最も行楽シーズンなGW真っ最中!! 皆様いかがお過ごしでしょうか?!

私は、普段とあまり変わらない1週間を過ごしていますが、でもやっぱりちょっとだけウキウキ(^^)したり、時間的にも少し余裕ができたりするので、ホーッとしながら(いつもより時計を見る回数が少ない日々…)嬉しいですね

3月12日に、オペラ協会の定期演奏会がお陰様で無事に終わりましたが、そこから約2ヶ月が過ぎようとしています…
本当に慌ただしい…と言うか、大本番が終わってからもなお、忙しい…と言うか。。。
定演の3日後から先日の土曜日にかけて8つの大仕事(演奏やオーディション等)があり…本当に自分の体力の限界の果てし無さ??を思い知ることとなりました(^_^;) 体力だけは…ハナマル。
とはいえ、さすがに先週は疲れ果てておりましたので、このGWにしっかり充電しようと思っています!
充電→美味しい物を食べる。しっかり寝る。………なんだろう…(*_*)
食べる・寝る 以外の何かも見つけて(笑)素敵なGWを私も過ごせたらいいなぁと思います(^-^)

母の日が近いので、県立美術館にて開催中の『マリー・ローランサン』展には、近々母を連れて鑑賞に行きたいな〜と思っているのです。
あの、暖色系の優しい画が大好きなので。
来月は、歴博にて開催中のジブリ展にも娘2人と一緒に行きます
長女が教育実習で6月は1ヶ月間帰省するので、それが今の我が家のみんなの楽しみなんです。(^.^)(^.^)(^.^)(^.^)

家族みんなが元気で、パワフルな毎日を過ごせますように!!そして、皆様の素敵なGW、初夏の爽やかな毎日が送れますことをお祈りしています。

長崎県オペラ協会
富永宏美

連盟公式ブログ | permalink | comments(0) | -

「教訓?」

「教訓?」

環境の変化があったり、そうでなかったりと時間はあっというまです。
仕事をしながら納得すること、納得できないこと、いろいろとあります。
自分の力でどうにかできること、足りないこと、ましてやできないことの方が多く感じると思います。
恥ずかしい思いや、悔しかったりすることもあるかもしれません。
けれどそれを経験すること。
苦労も努力もたくさん経験すること。
そして、成長したいのなら怒られること、停滞や後退したくないなら怒られなさい。

そう言って大学卒業前にお話ししてくださった方がいました。
あの頃はいまいちピン!ときておらずどこか他人事のように聞いていました。
私自身が働く環境を変えて一年になりこの言葉よく思い出すこのごろです。

長崎県オペラ協会 天本崇子

連盟公式ブログ | permalink | comments(0) | -

春の匂い

「長崎県新人演奏会オーディション」の声楽審査のため、とぎつカナリーホールに赴いた先日の3/15

そこで久々に永吉美恵子先生と佐藤寿子先生にお会いした。

久々というのも、おふたり同時にお会いするのは、「かれこれ25年以上前」という事なのだ。
どちらかお一人と偶然お会いすることはあっても。

その「かれこれ〜」とはオペラ協会がはじめてオペラ「ヘンゼルとグレーテル」に着手した年に遡る。
お二人同時にお会いしたからか、あの年の遠い日々が思い出された。

母親ゲルトルート役の永吉先生、組違いのヘンゼル役の佐藤先生、そこに音楽監督の故柴田先生が静かに座っておられ、今は亡き小手川先生や白川先生が指導にいらした。
その稽古場でひよっ子の私は緊張の連続であった。

グレーテルをやるのに、とても行き詰まって佐藤先生には送って頂いた車の中で、そして永吉先生には呼んで下さったマンションで「このまま続ける自信がない」胸のうちをお話したのを鮮烈に覚えている。
佐藤先生の車が本原から下り坂になり、石神付近にさしかかった所で、悩みを申した、その場所まで覚えている。

お二人には本当にお世話になり、守って貰い、指導頂き、公演へと導いて頂いた。

現在のオペラ協会定番のオペラ。抜粋編で何十回越す公演数の「ヘンゼルとグレーテル」の第一回目全幕公演のことである。長崎初演で大成功であった。

その公演を見られた、当時の松下校長から、現職場の教諭として打診があったのは、それから何ヵ月後。

「新人演奏会」の審査をして、評価を出すまでは、与えられた仕事に集中していたが、終わってカナリーホールの坂を下って行くうち、懐かしく思い出されてならなかった。

夜風はまだ冷たいものの、春の匂いを十分に含んだ木々の傍らを歩きながら。

長崎県オペラ協会
松本佳代子

連盟公式ブログ | permalink | comments(0) | -
ARCHIVES
PROFILE