長崎県音楽連盟

WEB版ろんど。長崎の音楽情報をどうぞ
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

チェロ

どうもお初にお目にかかります。OMURA室内合奏団でチェロを弾いている田辺と申します。

正月から少し日がたってしまいましたが、あけましておめでとうございます。

私、チェロという楽器をほぼ毎日持ち運んでいるのですが、この楽器のサイズ皆さんご存知でしょうか?

ケースによってそれぞれ大きさは変わってくるのですが、
高さ約130cm
横幅約40cm
厚さ約30cm
重さ約10kg
という、まあざっくり言うと小柄な人一人分の大きさがあります。

移動にはバスや電車を多用するので、この楽器で人一人分のスペースを使ってしまい、
とても申し訳ない気分になることが多々あります。

ですが少し良い事もあります。
私、自分で言うのも何かとは思うのですが、メガネをかけているという以外はこれといって特徴の無い人間です。が、このちょっと面倒くさい楽器のおかげ?で何となく覚えてもらえることがあります。

先日もタクシーの運転手さんに
『そういえば前にも乗せたよね〜、その大きなの持ってるから覚えてるよ。○○町だよね。
 ただ、それがなかったら分かんないけどね〜。それってギター?』
と…。

こんな感じの私ですが、本年もよろしくお願いいたします。

次回のブログバトンは偶然にも苗字が同じ、フルート奏者の田邊亜子さんです。

それではまた!

チェロ 田辺清士
水曜ショッキング | permalink | comments(4) | -

あけましておめでとうございます!!

皆様、新年あけましておめでとうございます。
新しい年の幕開け、皆様いかがお過ごしでしょうか?

2011年第一回目の水曜日ブログバトンリレーは、フルートの永留結花が担当させていただきます。

さて、慌しい年末にまさかの大寒波・・・この寒さではさすがにかなわぬと、大掃除がハカドラナイ事をすっかり雪のせいにしながら、だましだましレッスン室を片付けました(汗)

思い返してみると、昨年は、OMURA室内合奏団への入団から始まり、各所でのアウトリーチや高校巡回公演、ながさき音楽祭やクリスマス音楽列車などたくさんの貴重な演奏の機会をたくさん与えて頂き、本当にありがたい一年でした。

クリスマス音楽列車では、子供達と共にクリスマスディナーを頂き、その後の演奏でした。
手が届く距離で子供達に音を届けること、ダイレクトに返ってくる正直な子供達の気持ち・・・常に演奏者自身が音に対して真摯であることの大切さを改めて感じています。


あっという間にお正月を迎え、今は、ピアノのうえの鏡餅をながめながら今年も精進しようと気持ちを新たにしているところです。

一月は、県美術館での演奏からスタートし、マダムバタフライコンサート、アウトリーチガラコンサートと続いていきます。

今後とも頑張っていきたいと思っておりますのでこれからも皆様のご指導の程よろしくお願い申し上げます。

皆様にとっても素敵な一年になりますように・・・!!


ぁ。
余談ですが今、ショッカーという作曲家の「Regrets and Resolutions(後悔と決心)」という楽曲をさらっています。

今年の私の決心はヨガか何か、運動不足の体が喜ぶことにチャレンジすることです(笑)

次回のブログバトンはOMURA室内合奏団の素敵な癒し系、Cello奏者の田辺清士さんに繋いで参ります!

お楽しみに!! 
永留結花でした。
水曜ショッキング | permalink | comments(0) | -

心に響く

こんにちは。
ヴァイオリンを演奏しています、松浦知佳です。

水曜のブログリレーのバトンを頂きました!

私はファゴットの池田さんと同時期にOMURA室内合奏団へ入団させて
頂くことになり、日々色々なことを勉強させて頂いています。

先日は松浦市でクリスマスコンサートをさせて頂きました。
松浦市文化会館ゆめホールという所で演奏させて頂いたのですが、
ディズニーの人魚姫で魚たちが躍るシーンが想像出来るような
素敵なホールでした。
様々なメンバーや場所で演奏をさせて頂きますが、
色々な演奏を聴くたびに、自分ももっと勉強して素敵な演奏家になろう!
と言う思いを新たにします。

この記事がブログに乗る時にはもう終わっていますが、25日には、
音楽連盟の音楽列車という企画で、マリア園と言う施設にて
演奏させて頂きます。
少しでも子供たちの心に響く演奏が出来るように、練習頑張ります!!

来年もより良い演奏を目指して頑張っていきますので、
ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願いします。


次回の水曜ブログは、同じOMURA室内合奏団の団員で
フルート吹きの永留結花さんにバトンタッチします。

それではよいお年をお迎えください!


ヴァイオリン 松浦知佳
水曜ショッキング | permalink | comments(0) | -

サンタクロース

こんにちは。ピアノを弾いています、高橋と申します。
今回初めて書き込みをさせていただきます★

もうすぐクリスマスですねぇ〜♪
子供の時、も〜い〜くつね〜る〜と〜クリスマ〜ス〜♪
という替え歌を歌ったりしてクリスマスを待ち詫びていませんでしたか?

私は子供の頃から夢見がちで…と言うか両親から夢を見せられていて
サンタさんの存在を信じて疑いませんでした。

毎年、クリスマスツリーを飾り、
ウチには煙突が無いからサンタさんは来てくれないんじゃないかと心配し、クリスマスイブには兄と「今年こそサンタさんを見るんだ!」 と気合いを入れてお布団に入って準備万端(?)にして頑張って起きておくのが毎年のお決まりでした。


そんな私に、両親は毎年、
サンタクロースの絵が載った包み紙に包みなおされたプレゼントに
サンタさんの言葉であろう、英語(想像ですが…)で書かれたお手紙を添えて枕元に置いておいてくれました。

そしてサンタさんが気になって呑気に寝てられない私は、
夜中に起きてプレゼントが届いてるのを確認すると、兄を叩き起こし、
夜中にゴソゴソとプレゼントを開けて、それを物色するのでした。

朝になるとそのサンタさんからの手紙を父に持っていき、
父自らかいたであろう、その手紙を「これなんて書いてあるの〜!?」と
ワクワクしながら読んでもらったものでした。


そんな、夢に満ちた(笑)少女時代の私でしたが、そのサンタクロース説を一蹴りした幼なじみがいたのです。

その子はある年、私に
「サンタなんかいる訳ないじゃん!あんた、いつまで信じてるの?」
と言い放ちました。

私は
「そんなことないよ!ウチにはサンタさん来たもん!」と反論しましたが
その友達は
「わたしのプレゼント、ダイエーのビニールに入った縄跳びがきたんだよ〜! サンタさんがダイエーで買うわけないじゃん!」
と言い放ったのです。

それを聞いた私は、
ダイエーでプレゼント買うサンタさんって珍しいなぁ・・・
いや、ダイエーで買うってえらい簡単に済ませるサンタさんだなぁ・・と、とぼけた納得をし、信じ続けましたが‥。

今考えてみるとあの頃は、いっぱい夢を見てたなぁと思いますね‥。

でも夢を見るのっていいですよね☆
信じるものは救われるというし、
今年は夢を見てサンタさんを待ってみようかな‥♪(笑)


クリスマスって色んなエピソードがありますよね♪
最近、音楽のお仕事を通じて、クリスマスのコンサートを少しさせて頂けたりするようになったのですが、小さい頃に夢を見させてもらったように、今度は誰かのクリスマスのエピソードの片隅に

あぁ、あの年のクリスマスは
あのコンサートで楽しい時間をすごしたなぁ

と思い出されるようになれたら最高だなぁと思います。
そのためにもピアノの力をつけなきゃなぁ‥♪

今年もクリスマスまで後2日♪
今年はサンタさん、うちにこないかなぁ‥☆★☆

☆高橋 佳里☆
水曜ショッキング | permalink | comments(0) | -

ピアノのスイッチ

こんにちは!はじめまして、ピアノを弾いたり編曲をしたりしています、山道由佳と申します!ファゴットの池田さんからブログのバトンタッチをいただきました。

私は普段、自宅でピアノをちびっこ達に教えて暮らしているのですが、
そこで驚いたことがあります…
それは…

多くの子どもが、ピアノは電気で動くものだと思っていること!

部屋に入ってくるなり、ピアノの周辺をきょろきょろ見回して「スイッチはどこ?」
と聞くのです…(涙)

そのたびに、「奥に、おすしみたいな白いのが並んでるでしょ〜、これがぽこっと
弦をたたいてね…」と、鍵盤とハンマーの関係を説明するのですが、このやり取りをするたびに、なんともいえない切なさを感じてしまいます。

事情を聞くと、今は私たちが小さかった頃と違い、大抵のご家庭が電子ピアノで練習しているそうです。
そして、アコースティックの、いわゆる普通の「ピアノ」と、電子ピアノを同じものだと思っている子が多いようです。

ピアノはおそらく楽器のなかで一番有名で、学校にも必ず置いてあって、知らない人はいないものだと思います。
スクールコンサートなどで演奏させていただく時も、楽器の紹介をするのは、ピアノの前で奏でる弦楽器や管楽器だけの場合がほとんどです。

ですが、意外とピアノの仕組みを分かっている子って、少ないのではないでしょうか。
少し前に、東京の子どもは海で干物が泳いでいると信じているらしい!という噂があり「そんなばかな」と思っていましたが、ピアノが電気で動くと信じている子どもを見るのは、それと同じくらいショックなことでした。

身近すぎて、音が出るのが当たり前になってしまっている、ピアノという楽器…
楽器を教えるということは、まず音が出る仕組みを教えることから始まるのかもしれません。
水曜ショッキング | permalink | comments(0) | -

OMURA室内合奏団

みなさま、こんにちは。
ファゴットを吹いております、池田祐希です。
今日からまた水曜日のリレーブログが復活です。
どうぞお付き合い宜しくお願い致します。

先日、私の所属させて頂いているOMURA室内合奏団
初の長崎公演とさくらホールでの定期演奏会が無事に終了致しました。

初の長崎公演そしてさくらホールでの定期演奏会ともに、
たくさんのお客様にご来場頂くことができました。

ご来場下さった皆様、
応援して下さった皆様、
本当にありがとうございました。

わたしは実は元々、OMURA室内合奏団に憧れていて、
演奏家の皆さんをサポートさせて頂く裏方として関わらせて頂いていた時期がありました。
ファゴットを勉強し、演奏しながら、
裏方のお仕事を憧れの団体の元でさせて頂ける日々は、
「支えて下さる方がいて演奏会ができるんだ」
ということが身をもって分かり、大変貴重な時間でした。

そんなわたしが憧れのOMURA室内合奏団に
今春から正団員として仲間入りをさせて頂けることになりました。

正団員になってからというもの、
毎日ワクワクドキドキの日々でした。

いままでは
「自分のためにも聴いて下さる方々の為にも
ファゴットが上手になりたい。」

という想いでファゴットを吹いていました。

それが正団員になることができたことで、
いままでの想いに加えて、

「OMURA室内合奏団のためにも
ファゴットが上手になりたい」

と思うようになりました。

団員の皆さんや、
わたしと同じ時期に入団した新団員の皆さん、
そしてシーハットおおむら館長でもある芸術監督や
いつも温かく支えて下さる事務局のみなさんから、

たくさんの刺激や勉強の場をいただき、
充実した幸せな時を過ごしています。

初の長崎公演本番の直前、
緊張の思いと戦いながら、
「わたしがこの合奏団のためにできることはなんだろう」
と考えていました。

まだまだそれはいま懸命に探しているところですが、
いつか「池田さんが合奏団にいて本当によかった」と
どなたかに言って頂ける日がくると嬉しいです。

憧れの合奏団で団員として過すことができて
本当に幸せです。

これからもOMURA室内合奏団の演奏を
1人でも多くの皆様に聴いて頂き、応援して頂けるように
わたしもまた頑張ろう!!と思っています。

どうぞこれからもよろしくお願い致します。

さて、次回はわたしと同じ歳で
ピアノを弾いている山道由佳さんの登場です。
どうぞお楽しみに〜!!

ファゴット 池田祐希
水曜ショッキング | permalink | comments(0) | -

むしの声♪

みなさま ブログでは、はじめましてです。

ヴァイオリンの川口千穂と申します。

やっと涼しくなってきましたね。

いやぁ〜今年の夏は暑すぎました。

スーパー残暑とやらもやっと終わりになったようですね。

最近はしっかり秋の気配を肌で感じられるようになりました。

ということで昨夜は耳をすまして、虫の声の聞き分けに挑戦しました。

子どもが持っている昆虫図鑑を持ち出して、調べていると、虫の声までしっかり
書いてありました。

うちの近所には、スズムシ、コオロギ、ギリギリスかな?〜いたようです。
リン リン、ジーとか、チッチッチ �とか聞こえていました。

まるで虫たちが会話してたり、合唱してる みたいでした。

あ♪〜おもしろい虫の声です。

ということでなぜ虫の声が気になったのかと言うと〜

今週末に私も所属しているOMURA室内合奏団の コンサートが何と!
お隣の佐賀県は武雄市文化会館小ホールであります。

演奏する曲の中に早川正昭さん編曲の 「秋」があるんですが、それの第一楽章
が、「虫の声」がテーマになっている曲なんですよ。

テーマがバロック風で演奏されその合間に
ヴァイオリン7人が虫7ひきの声を演 奏する部分があります。

登場する虫たちは、マツムシ、カンタン、コオロギ、エンマコオロギ、
カネタタキ、スズムシ、キリギリスです。

私の担当は
カンタン なんですが、図鑑で実物の写真をみると
あんまりかっこいい虫ではありませんでした。
声はローローローらしいです。

きっと名前の通りにかんたんにできるだろうと思っていますが?…
他のメンバーの虫たちにもご期待ください。

他にも ヴィヴァルディの「秋」なども演奏します。

クラシックから
ポピュラーまで馴染みのあるプログラムです。


9/18(土) 開演 15時です。


よろしかったらドライブのついでにご来場くださいませ。

かわいい?虫たちに会えますよ。


川口千穂
水曜ショッキング | permalink | comments(0) | -

再会

ヴァイオリンの前田純美加です。

9月に入って数日経ちましたが、
秋の気配よりもまだまだ残暑の厳しさの方が強いですね。

暑い暑いと言いながら、
終わってみればあっという間のひと夏。

暑さ対策の一つとして、
お気に入りの茶葉で
夜な夜な水出しアイスティーを
作っては飲み作っては飲み…
で癒されつつ過ごした夏でした。

そんな夏にあったいろんな出来事の中で
印象的だったことの一つは、
お盆の直前に、
大学の同級生で、
今やベルリンフィルの首席ヴィオラ奏者として大活躍している
清水直子さんと再会できたこと。

私の地元佐世保でリサイタルがあるとわかってからというもの、
日々心待ちにしていました。

いよいよ当日。
ピアニストのご主人とのDuoで素晴らしい演奏で感動。

リサイタルの担当者さんの計らいで、
終演後に会える段取りにはなっていましたが、
心配事が一つ。
私の事を覚えてくれているかということ。
学生の頃は親しくしていたのですが、
何しろ忙しいお方ですし、
卒業以来○○年ぶり(言えません(^^;))の再会なのですから。

でも、会った瞬間お互いに
「なんでそんなに全然変わってないの〜?!」と絶叫。
よかった、覚えててくれて。

すごい人になっていても
屈託のない
学生の頃のままの直子ちゃんでした。
一緒に食事して思い出話に花が咲いて楽しかった〜。

ホテルまで送って連絡先交換。
翌日以降も日本で数か所の演奏会をこなして、
数日後にドイツに戻って行きました。
ますますのご活躍を佐世保より祈っています。

さて 私も細々と頑張りますか。

芸術の秋、こんな私も演奏会が近づく身です。
9月20日(月祝)14:00開演の
「フィルハーモニックオーケストラ長崎 第7回定期演奏会」。
ソリストとコンマスを務めさせていただきます。
とぎつカナリーホールにて。
皆さま応援よろしくお願いいたします!
水曜ショッキング | permalink | comments(0) | -

再会

ヴァイオリンの前田純美加です。

9月に入って数日経ちましたが、
秋の気配よりもまだまだ残暑の厳しさの方が強いですね。

暑い暑いと言いながら、
終わってみればあっという間のひと夏。

暑さ対策の一つとして、
お気に入りの茶葉で
夜な夜な水出しアイスティーを
作っては飲み作っては飲み…
で癒されつつ過ごした夏でした。

そんな夏にあったいろんな出来事の中で
印象的だったことの一つは、
お盆の直前に、
大学の同級生で、
今やベルリンフィルの首席ヴィオラ奏者として大活躍している
清水直子さんと再会できたこと。

私の地元佐世保でリサイタルがあるとわかってからというもの、
日々心待ちにしていました。

いよいよ当日。
ピアニストのご主人とのDuoで素晴らしい演奏で感動。

リサイタルの担当者さんの計らいで、
終演後に会える段取りにはなっていましたが、
心配事が一つ。
私の事を覚えてくれているかということ。
学生の頃は親しくしていたのですが、
何しろ忙しいお方ですし、
卒業以来○○年ぶり(言えません(^^;))の再会なのですから。

でも、会った瞬間お互いに
「なんでそんなに全然変わってないの〜?!」と絶叫。
よかった、覚えててくれて。

すごい人になっていても
屈託のない
学生の頃のままの直子ちゃんでした。
一緒に食事して思い出話に花が咲いて楽しかった〜。

ホテルまで送って連絡先交換。
翌日以降も日本で数か所の演奏会をこなして、
数日後にドイツに戻って行きました。
ますますのご活躍を佐世保より祈っています。

さて 私も細々と頑張りますか。

芸術の秋、こんな私も演奏会が近づく身です。
9月20日(月祝)14:00開演の
「フィルハーモニックオーケストラ長崎 第7回定期演奏会」。
ソリストとコンマスを務めさせていただきます。
とぎつカナリーホールにて。
皆さま応援よろしくお願いいたします!
水曜ショッキング | permalink | comments(0) | -

暑い夏、熱い夏

ヴァイオリンの齊藤享(あきら)です。

今年の夏は異常気象。平均気温が史上最高。

そんな中8月は私自身も熱い夏を終えました。
1日にカツルミさんのコンサートに出演、
2〜4日はスズキ・メソード長崎支部夏季合宿。
生徒同士仲良くなって音も良くなりました。
6日は音遊会。音楽家の前でドキドキでした。
8日は浦上天主堂でのOMURA室内合奏団の演奏。
9日は平和祈念式典オープニングでの被爆者歌う会「ひまわり」の伴奏。
武器を持つのではなく楽器や歌声を持って欲しいです。
16〜22日まではシーハットミュージックフェスタで音楽が溢れてました。
29日は千葉での知的障害者支援のチャリティコンサートに出演。
その後父が18日に古希を迎えたのでお祝いで家族旅行して来ました。

昨晩帰崎しました。

さぁ、芸術の秋です。頑張りましょう!
水曜ショッキング | permalink | comments(0) | -
ARCHIVES
PROFILE