長崎県音楽連盟

WEB版ろんど。長崎の音楽情報をどうぞ
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今年もお世話になりました。 | main | 長崎県オペラ協会 第38回定期演奏会ご案内 >>

【イルミネーションと音楽】

【イルミネーションと音楽】 はやいもので、師走も半ば・・・。イエスキリストの降誕を祝う準備万端です。日本中?いや世界中がクリスマスイルミネーションで煌いています、 イルミネーションの起源は16世紀だとか・・・。宗教革命で知られるドイツのマルティンルターが考えたとされています。彼は夜、森の中できらめく星を見て感動し、木の枝に多くの蝋燭を飾ることで景色を再現しようとしたそうです。 その後、電球イルミネーションを始めたのは、あの有名な「トーマス・アルバ・エジソン」でした。彼は自分の研究所を白熱電球で飾ったそうです。これが世界初の電球イルミネーションだったのですね。 それ以降、日本にも持ち込まれ、明治時代、百貨店や博覧会などで普及し始めました。現在では、年々派手になり、いろいろなイルミネーションが開発され、LEDが主流になっています。商業ペースに乗ったものもあれば、地域の公園に市民が思いを込めて作ったものもあります。また、プロジェクションマッピングで悠久の時空へ飛んでいくような作品も見ることができるようになりました。 そこに欠かせないのはやはり『音楽』です。光と音楽・・・、私たちに癒しと感動を与えてくれます。イルミネーションの動きに音楽が演奏されると、感動も倍増します。お互いに相乗効果で不思議な世界に誘ってくれます・・・。 今年もあとわずかになりましたが、この一年を想いながら、私の大好きな、ここ長崎での音楽とイルミネーションの「ことりっぷ」に出かけてみたいと思います。 みなさんもいかがですか?

長崎県オペラ協会  原 さとみ

連盟公式ブログ | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする









SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
PROFILE