長崎県音楽連盟

WEB版ろんど。長崎の音楽情報をどうぞ
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ブリックラウンジコンサート御礼 | main | 変わらないもの >>

歌は下手だけど歌が好き

歌は下手だけど歌が好き

 歌はへたくそです。でも、歌が大好きです。
 さて、大きな声で音痴な歌を歌っている人を思い出すとき頭に浮かぶのは、ドラえ
もんのジャイアンですね。音程はメチャクチャで、リズムはそこそこに大声で怒鳴り
まくっているのですが本人は気持ちよく、周りは耳を押さえているのです。歌が大好
きです。でも、歌はへたくそです。
 歌は楽しいです。気持ちがすかっとします。歌は優しいです。心が美しくなります。
歌は不思議です。なぜか嬉しくなります。歌は友達です。自分の気持ちに応えてくれ
ます。歌は愛です。ラブソングを歌います。歌はいのちです。私の生活そのものです。
でも、歌はへたくそです。それでも、歌は大好きです。
 歌は人格そのものだという話があります。もしそれが本当であれば、歌を磨き上げ
ることで人格も磨き上げられるのではないでしょうか?歌を否定されたとしたら、その
人の人格を否定されたことと同様です。深く傷つき悲しむのです。
歌を歌えない人、歌が嫌いな人の心には、かつて染み付いた辛い言葉があるようです。
それはとても悲しい気持ちになります。
 そんなことを考える時にジャイアンは素晴らしいと思うのです。強い人格の持ち主
であると思うのです。誰が笑おうと、耳を塞ごうと、私は私、堂々と逞しく。
 歌はへたくそです。でも、歌が大好きです。

 長崎県オペラ協会  高木浩行

連盟公式ブログ | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする









SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
PROFILE