長崎県音楽連盟

WEB版ろんど。長崎の音楽情報をどうぞ
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< GW | main | 「いのちの歌」 >>

『ボサノヴァ Bossa Nova』  

『ボサノヴァ Bossa Nova』         長崎県オペラ協会 原 さとみ  オフの朝に聴く音楽は、ボサノヴァが多い。とても心地よいサウンドで、疲れた心身をリセットできる。「Bossa Nova」はブラジルの音楽ジャンルの一つで、調べてみると、ポルトガル語で「新しい感覚」「新しい傾向」といった意味があるそうだ。  五月晴れの早朝、早速ウォークマンに、〈ジョアン ジルベルト〉のミックスリストを送り、久しぶりにジョギング・・・。いろんな人の営みに自然の移ろい。二度と会わないだろうと思う人との偶然的な会話。何気ないことに感動し涙が出てきそうになる。日頃何気なく見ている車窓からの風景が、呼吸し生き生きと私に迫ってくるのである。自分の知らないことの多さに愕然とする。いつの間にこの町並みの電線が地中化したのだろう、こんなに浦上川の満ち引きが速かったなんて・・・、川沿いに咲いている花はこの人たちがお世話をなさっていたんだ・・・。等々。まちを走り、歩くことによって、私の感性が日頃の何倍も豊かになったような気がする。そして何気ない小さな幸せを発見できたひとときであったような気がする。  まさに「新しい感覚!」である。「Bossa Nova」がくれた有意義なオフに感謝。このリセットが私の生きる歌の世界にはとても大切であると改めて思った。
連盟公式ブログ | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする









SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
PROFILE